敏感な赤ちゃんの肌を優しく守るワザを身に付けましょう

ピックアップ

洗剤選びの大切さ

スキンケアの大切さ

年齢を重ねると、シワやたるみシミなどが気になりはじめます。
どうすれば赤ちゃんみたいな肌に戻れるのか考えてしまう方は少くありません。
しかし、プニプニな赤ちゃんの肌も大人以上に悩みがたくさんあると言われています。
赤ちゃんの肌は、大人の肌よりデリケートです。
大人より汗腺が多くあることから、あせもや蕁麻疹に悩ませられたりします。
汗や汚れをそのまま放置することで敏感な赤ちゃんの肌には大きなトラブルが発生することになります。衣類の洗濯方法を変えるだけでもトラブルから回避することが出来ます。
皮膚が薄い赤ちゃんの肌には、オイルやローションなどで油分を補うことが大切になってきます。
赤ちゃんのうちに正しいスキンケアを行っていると将来美肌につながることが期待されます。

保湿のタイミング

赤ちゃんのスキンケアは、こまめに行うことが大切です。
お風呂の後や、食事後の汚れた口まわりを綺麗にすることで清潔な状態を保って下さい。
肌を清潔に保つことがスキンケアの基本です。
しかし、洗い過ぎたりすることで乾燥肌につながるので気をつけることが必要です。
洗い流したり汚れを拭き取られるたんびに保湿は必要です。
こまめに保湿をすることで潤いが保たれる様になります。

清潔に保つ方法

オムツを変える時も保湿は必要です。オムツの洗濯方法も重要なことです。
水分を拭き取る行動も丁寧に優しくすることを意識しましょう。
ゴシゴシと水分を拭き取ることで、肌にダメージを与えてしまいます。
お風呂に入れる温度も熱すぎることはないようにしましょう。ぬるめの温度が赤ちゃんの肌の水分が保たれます。
ひとつひとつの行動を丁寧にすることで赤ちゃんから肌トラブルをなくしてくれます。

専用洗剤の効果

赤ちゃん専用の洗濯洗剤で肌着を洗うことで線維がふっくらに仕上がる効果があります。固くチクチクすることを避けるので赤ちゃんから余計なストレスがなくなります。ふっくら仕上げで睡眠促進に繋がることも期待できます。

» readmore