敏感な赤ちゃんの肌を優しく守るワザを身に付けましょう

専用洗剤の効果

オムツの洗い方

赤ちゃんのオムツに付いてしまったうんちを落とすのが遅くなると、汚れが落ちなくなることがあります。
早めに水で洗い流すことや、ブラシで生地が傷まない程度に落とすことが汚れを残さない様にする方法です。
うんちの汚れをそのままにすることで菌を繁殖させることもあるので早めに洗い流すことが赤ちゃんにとっていい事です。
落ちない部分は、洗剤を溶かしたものにつけることで汚れが落ちやすくなります。
母乳やミルクなどの汚れを放置することもあまり良くありません。
時間が経つことで、ミルクや母乳に含まれているタンパク質が固まって落ちづらくなります。
匂いが残ったりした時は、ぬるま湯や重曹に付けることが汚れを落とす方法として効果的です。

干す方法

赤ちゃんの身に付けるものはほつれたりしないように、ネットにいれて洗濯する方がいいでしょう。
赤ちゃんにほつれた線維で肌に刺激を与えることで肌トラブルの原因になる可能性があります。
汚れが落ちにくいものに関しては、つけ置き洗いをすることで汚れが落ちやすくなります。
干し方としては、大人の洗濯物と同じように日光に当てることで菌の繁殖を抑えることが出来ます。
天気のいい日に洗濯を干すことで、殺菌効果やニオイ防止に繋がります。
紫外線に当てることが洗濯を干す時には大切ですが、色物や色の濃ゆいものを直射日光のところで干すことで色落ちしてしまうこともあるので気をつけたほうがいいでしょう。
風通しを良くすることも、菌の繁殖を抑えることに効果があります。